読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりきままに

日々の記録を。

当たり前のことがわたしには夢のようなこと

先週末、旦那が午後からオフだったので、ショッピングモールに買い物に出掛けた。
最近リニューアルオープンして、ベビー&キッズのテナントがどどーんと増えたらしく、その辺りをメインで。
まあ見ただけで何も買わなかったけど。

それにしても、小さな子ども連れのファミリーだらけ。そういうテナントをぶらぶらしてたから当然か。
抱っこ紐、ベビーカー、お店にあるカート、それぞれのスタイルで買い物をしている。

子どもを生んでから、赤ちゃんを連れているママに目がいくようになった。
何ヵ月くらいかな~とか、首は座ってる?とか、
どんな防寒してるんだろうとか、どんな服着せてるんだろうとか、ベビーカーのメーカーは何だろうとか、アクセサリーどんなのつけてるのかな、とかとか。
じっくり見たいけど、不審者になっちゃうので、あまり見れず…。
でも見たくて、聞きたくて仕方ない(笑)。
妊娠中は妊婦さんが気になって見ちゃってた(笑)。

その時々で関心事って変わっていくんだなぁ。

そんで、ショッピングモールで、たーくさんのファミリーを見て。
赤ちゃん連れがありふれた光景のように思えて。

妊娠して、出産して、育児真っ只中のわたし。
自分にとって、目の前に我が子がいること、我が子を連れてお出掛けすること、それは本当に特別なことで夢のようなことで。
抱っこ紐で息子と向かい合っているとき、ベビーカーを押しているとき、買い物してても思わず息子を見ちゃう。可愛くてニヤニヤして、嬉しくて嬉しくて仕方ない。
そんな感じなんです。

でも、みんな当たり前のように子どもを連れている。珍しいことじゃない。
でもでも、みんなきっとわたしと同じなのかな。
涼しい顔して赤ちゃん連れているように見えるけど、嬉しくて嬉しくて仕方ないのかな。

何が言いたいのって感じだけど…。
とにかく自分にとって子どもがいることは、とにかく特別なこと。当たり前かもしれない、平凡かもしれないこの日常が、夢のようなこと。

お母さんになるのが夢で、我が子を抱くのが夢で、
楽しみで楽しみで、でも実際になってみるまでは
想像もできなかった。
そして実際は、想像以上の幸せを味わっている。
自分の人生は不幸だと思ったことはないけど、それでも、この子がわたしに毎日幸せをくれる。
そう思う。

とにかく目の前にいるこの子が、本当に本当に大切だということ。
子育てに疲れて、ストレスがたまって、行き詰まったときに、この感情を思い出したいと
年をとって、我が子がいることが当たり前のように思えたときに、この今の気持ちを思い出したいと
そう思って。

とにかく思うままに書いておく。
思うままに書きすぎて文章おかしい。
でも今自分が考えてること、忘れたくない!!

(おしまい)